Macパッケージ管理ソフト「Homebrew」のインストール方法を紹介するぞ!

ども!カズマルです!

ソフトウェアやライブラリをMacへ簡単にインストールできるパッケージ管理ソフト「Homebrew」のインストール方法をご紹介します。

「パッケージ管理ソフトってなに?」という方は、Homebrewをインストールすれば、めんどくさいインストール作業がコマンド一発でできるようになる!と、まずは理解していただければ問題ありません。

また、これからMacでプログラミングも学んでいきたいと考えている方は、あらかじめHomebrewをインストールしておくと効率化できるので大変オススメです。

カズマル

Homebrewのインストールは10分もあれば完了するので、時間があるときにサクッとやってしまいましょう。

HomebrewをインストールするMac環境

今回、Homebrewをインストールする環境は以下になります。

MacへHomebrewをインストールする手順

ではさっそく、Homebrewをインストールする手順について説明していきます。

MacにXcodeがインストールされているか確認

Homebrewをインストールするには「Xcode」をインストールしておく必要があります。

「Xcode」をまだインストールしていない方は、先に「Xcode」をApp Storeからインストールしておきましょう。

Macターミナルを起動する

まずは、Macターミナルを起動してください。

ターミナルを開くには「アプリケーション>ユーティリティ」から「ターミナル.app」をダブルクリックするか、

Spotlight検索で「ターミナル」と入力すれば開くことができます。

MEMO
Spotlight検索は「command + Space」で起動することができます。

Homebrewインストールコマンドをターミナルへ入力

次に、Homebrewの公式サイトを開き、Homebrewのインストールコマンドをコピーします。

起動したターミナルにコピーしたHomebrewのインストールコマンドを入力し、Enterキーを押しましょう。

すると、インストール作業が開始し、ターミナル上にログがダダダッと出力されていきます。

「Xcodeコマンドラインツール」のインストール

Homebrewをインストールするには「Xcodeコマンドラインツール」が必要になるため、インストールされていない場合は、自動で「Xcodeコマンドラインツール」のインストールが始まります。

「Press RETURN to continue or any other key to abort」というメッセージが表示されたら、Enterキーを押下し、パスワードの入力を求められるので、Macのログインパスワードを入力しましょう。

Homebrewのインストール

「Xcodeコマンドラインツール」のインストール完了後、自動でHomebrewのインストールへ移ります。

再度パスワードを求められるのでパスワードを入力。

「==> Installetion successful!」とメッセージが表示され、プロンプトが返ってきたらHomebrewのインストールは完了となります。

Homebrewのバージョンを確認してみよう!

Homebrewのインストールが完了したら、Homebrewのバージョンを確認してみましょう。

バージョンを確認するにはターミナルを起動し、以下のコマンドを入力することで確認することができます。

入力コマンド
brew --version

「Homebrew X.X.X」と表示が返ってきたと思います。

この返ってきた「X.X.X」の部分がHomebrewのバージョン番号です。

MEMO
僕の場合、バージョンは「1.6.0」ということになります。

Homebrewがどこにインストールされているか確認する

さらに、Homebrewがどこにインストールされたか確認してみましょう。

同じようにターミナルに以下のコマンドを入力してみてください。

入力コマンド
which brew
MEMO
基本的に「/usr/local/bin/brew」にインストールされています。

Homebrewを最新の状態にする

Homebrewをインストールしたら、Homebrewが最新になっているか確認しておきましょう。

入力コマンド
brew update

コマンド入力後「Already up-to-date .」と表示されれば、Homebrewが最新のものになっていることになります。

今後使っていく中で、Homebrewがアップデートされることもあるので、「brew update」コマンドをたまに実行することを頭の片隅においておきましょう。

Homebrewに問題がないかをチェック

最後にインストールしたHomebrewに問題や不具合がないか確認しておきます。

入力コマンド
brew doctor

コマンド入力後「Your system is ready to brew .」と表示されればOKです。

カズマル

そのほかのメッセージが出力された場合は、適宜ググって解決してみてくださいね

まとめ

今回はMac用のパッケージマネージャソフトの「Homebrew」のインストール方法についてご紹介しました。

Homebrewを入れておけば面倒なインストール作業をコマンド一発で行えるので楽チンですよ。

また、ある程度Homebrewの扱いに慣れてきたら、不要になったソフトのアンインストールやアップデートもコマンド一発で簡単にできるので、Homebrewでいろいろ試してみてくださいね!

以上、ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。