HomebrewでMacにPythonをインストールする方法を紹介するぞ!

ども!カズマルです!

この記事ではMacへPython3をインストールする方法をご紹介します。

「プログラミング言語のインストールってなんか難しそう…」という方でも簡単にできるように、Macのパッケージ管理ソフト「Homebrew」を使ってサクッとインストールできる方法でご紹介します。

まだ、HomebrewをMacへインストールしていない方は、関連記事にインストール手順をまとめているので、先にHomebrewをインストールしてくださいね。

関連記事:Macパッケージ管理ソフト「Homebrew」のインストール方法を紹介するぞ!

カズマル

Homebrewを入れておけば、Pythonのインストールはコマンド一発で簡単にインストールできるので、おすすめですよ

PythonをインストールするMac環境

今回、Python3をインストールする環境は以下になります。

MacへPython3をインストールする手順

それではさっそく、MacへPython3をインストールする手順を説明していきますね。

Macターミナルを起動する

まずは、Macのターミナルを起動しましょう。

ターミナルを開くには「アプリケーション>ユーティリティ」から「ターミナル.app」をダブルクリックするか、

Spotlight検索で「ターミナル」と入力すれば、検索結果に「ターミナル.app」が出てくるのでそこから起動しましょう。

MEMO
Spotlight検索は「command + Space」で起動することができます。

Mac標準のPythonのバージョンを確認する

Macには標準でPythonがインストールされているので、まずはそのバージョンを確認してみましょう。

起動したターミナルへ以下のコマンドを入力しEnter。

入力コマンド
python --version

すると、現時点ではPython2(Python 2.X.XX)がインストールされていることがわかると思います。

MEMO
今回は標準でインストールされているPython2とPython3を切り分けて使えるようにインストールしていきます。

HomebrewでPython3をインストールする

さて、それではbrewコマンドでPython3をインストールしてみましょう。

ターミナルに以下のコマンドを入力し、Enterキーを押下してください。

入力コマンド
brew install python3

すると、画像のようにログがダダダっと表示されます。

その後、プロンプトが返ってくればPython3のインストールは終わりになります。

カズマル

ホントにコマンド一発でインストールできました!簡単すぎる!

インストールしたPython3の情報を確認してみよう

インストールが完了したら、インストールしたPython3の情報を順番に確認してみましょう。

まずは、復習としてMacに標準でインストールされているPython2のバージョンを確認します。

入力コマンド
python --version

コマンドを入力すると、最初に確認したPython2のバージョンがそのまま表示されるはずです。

カズマル

これで、Python3をインストールした後でも、標準でインストールされているPython2を使えることが確認できました

Python 3 のインストール場所を確認する

次に、インストールしたPython3がどこにインストールされたか確認しておきましょう。

入力コマンド
which python3

この記事通りにインストールした場合は「/usr/local/bin/python3」にインストールされているはずです。

pip 3 のインストール場所を確認する

さらに、Pythonをインストールすると付属してついてくるパッケージ管理システム「pip」のインストール場所もついでに確認してみましょう。

入力コマンド
which pip3

記事通りにインストールした場合は「/usr/local/bin/pip3」にインストールされているはずです。

Python 3 のバージョンを確認する

最後に、今回インストールしたPython3のバージョンを確認します。

入力コマンド
python3 --version

出力された「Python 3.X.X」というのが、今回インストールしたPython3のバージョンですね。

もうお気付きの方はいると思いますが、「python」と入力すればPython2が、「python3」と入力すればPythone3が実行されたとMac側で認識されます。

このようにどちらのバージョンのPythonを使うかはコマンドで切り分けられるので、ご自身が使いたいバージョンを適宜コマンドで切り替えて使ってみてくださいね♪

Pythonの統合開発環境「IDLE(アイドル)」を起動してみよう!

おまけとしてPythonをインストールすると標準で付いてくる「IDLE(Interactive DeveLopment Environment)」という統合開発環境を起動する手順もご紹介しておきます。

「IDLE(アイドル)ってなに?」「統合開発環境ってなに?」という方もいるかもしれませんが、ここでは「Pythonを簡単に対話形式で実行できる環境」と理解していただければOKです。

「これからPythonの学習をはじめたい!」というかたは、一度「IDLE(アイドル)」の起動と、コマンドを入力してPythonでのプログラミングのイメージを掴んでおくといいでしょう。

Pythone 3 でIDLE(アイドル)を起動する

それでは、ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力してみましょう。

入力コマンド
idle3

すると、Macのターミナルとは別にもう一つ別のターミナルが開いたと思います。

これがIDLEの画面になります。

IDLEで「Hello Python!」を表示する

では、Pythonで「Hello Python !」と文字列を表示させてみましょう。

以下のコマンドを「IDLE」画面に入力し、Enterキーを押下してみてください。

Python
print('Hello Python!')

すると、「Hello Python!」と表示されました!

まとめ

今回はMacへPython3をインストールする方法をご紹介しました。

Mac用のパッケージ管理ソフトである「Homebrew」を使うことで、インストーラー画面をポチポチする手間もなく、コマンド一発で簡単にインストールすることができます。

これからPythonを勉強していきたいと考えている方は、この記事で紹介した方法でPythonをご自身のMacにインストールしてみてくださいね♪

以上、ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。