【レビュー】急速充電ができるiPhoneモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」がコスパ最強でおすすめだぞ!

カズマル

ども!カズマルです!

今や何をするにしても必須のアイテム。それはスマートフォンです。

友達との連絡やSNS、調べ物や買い物までもスマホさえあれば可能な時代になりました。

そんな無ければならない存在のスマホですが、最も心配なのがバッテリー

充電が切れてしまうとホントに何もできなくなりますよね…。

僕は京都旅行へ行った際に旅先でiPhoneの充電が切れたら詰んでしまうので、旅行を機にモバイルバッテリーを購入することにしました。

関連記事:【京都旅行】2泊3日の京都観光で行ってよかったおすすめスポット、コース、お店をすべてご紹介します!

しかし、今やモバイルバッテリー1つとっても色や大きさ、容量など初心者には何を選べばいいのか難しいのが現状です。

そんな中、色々と自分なりに調べてたどり着いたのが「Anker PowerCore 10000」です!

「Anker PowerCore 10000」はコスパ最強モバイルバッテリー

かれこれ1年以上この「Anker PowerCore 10000」を使っていますが、急速充電に対応していて大容量、そして料金も安く保証もついているかなりおすすめのモバイルバッテリーなんです!

今回は僕が実際に1年使ってみた感想を添えながら「Anker PowerCore 10000」の特徴をご紹介させていただきます!

「Anker PowerCore 10000」はモバイルバッテリーには欠かせない持ち運びやすいコンパクトなボディ

「Anker PowerCore 10000」の特徴としてはそのコンパクトさにあります。

縦の長さはICカードと同じくらい、重さは卵3つ分

「Anker PowerCore 10000」とiPhone6の大きさを比べてみると、

縦の長さはiPhoneよりも小さく、幅はiPhoneと同じくらい。重さも卵3つ分(約180g)しかありません。

この「Anker PowerCore 10000」は軽量でコンパクト、大きさはICカードとほぼ同じと、常に持ち運ぶモバイルバッテリーとしはうってつけなんです!

分厚さはややあるが気になる程ではない

横から見てみるとさすがにiPhoneよりも分厚さはありますが、気になるほどの大きさではありません。

この大きさなら十分ポケットやカバンにしまうことができます。

「Anker PowerCore 10000」コンパクトなのに大容量!

出典|amazon

コンパクトにもかかわらず、iPhoneや他のスマホを充電できる回数は予想以上。

なんとiPhone 7 ・6s・6 なら約4回、iPad Airは約1回、Galaxy S6は約2回半、さらにはMackBookまで充電することが出来るんです

僕の場合多くてもiPhoneを1日1回充電できれば日常生活でまったく問題ないので、正直4回も充電することはないのですが、まあ多い分に越したことはないですね!

「Anker PowerCore 10000」は急速充電にも対応している!

出典|amazon

「Anker PowerCore 10000」はAnker独自技術PowerIQとVoltageBoostと言われるフルスピード充電にも対応しているので、外出先でも急速充電をすることができるんです!

バッテリーがなくなって困るときはだいたい急な用事の場合が多いですよね?

そんなときに、急速に充電してくれるのは今やモバイルバッテリーに必須の条件!

「Anker PowerCore 10000」はなんと18ヶ月保証つき!

出典|amazon

「Anker PowerCore 10000」は製造過程においてきちんと耐衝撃、耐振動、さらにはまできちんとテストをされているそうです。

そのため頑丈さと品質は使っていてもまったく問題ありません。

そしてなんと18ヶ月保証もついています!

カズマル

それだけ品質には自信があるぞという証拠ですね!

「Anker PowerCore 10000」の付属品、専用ポーチが地味に嬉しい!

「Anker PowerCore 10000」の付属品として、Micro USB ケーブルとメッシュ素材のトラベルポーチがついてきます。

この付属品のポーチがシンプルで使いやすく、地味にうれしいんですよね!

付属品っていまいち使う用途のないものが付いてくることが多いイメージですが、このケースは実用性抜群。

わざわざ別売りのケースやポーチを買う必要がないのは、嬉しいですね。

【注意】iPhoneを充電する場合は別途専用のライトニングケーブルが必要!

iPhoneユーザには少し残念なお知らせですが、付属としてついてくるケーブルはMicro USB ケーブルだけになります。

Androidユーザであれば問題ないのですが、iPhoneを充電する場合はライトニングケーブルが別途必要になるんですね…。

そのため、同じAnkerが出している急速充電に対応した「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」を購入することをおすすめします。

AnkerプレミアムライトニングUSBケーブルはApple認証問題もクリア

iPhoneなどのApple製品は、Appleに正式に認証されたライトニングケーブルで充電しないと「このアクセサリは使用できません」という認証エラーが出てしまい充電することが出来ません。

しかし、この「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」であればAppleの認証を受けているため問題なく充電することが出来るんです。

急速充電に対応しているのはAnker専用ライトニングケーブル

ここで「じゃあ、iPhone純正のライトニングケーブルを使えばいいんじゃない?」と思った方はいるでしょう。

もちろんiPhone純正のライトニングケーブルを「Anker PowerCore 10000」に繋いでiPhoneを充電することは可能です。

しかしiPhone純正のライトニングケーブルの場合、急速充電に対応していないんですね。

せっかくモバイルバッテリーが急速充電に対応しているのにケーブルが対応していないのでは意味がありません。

それに純正のライトニングケーブルをわざわざ自宅のコンセントから抜いて持ち運ぶなんてめんどくさいですよね?

なのでモバイルバッテリー用に別でこの「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」を購入しておくことを激しくおすすめします。

まとめ

今回は僕がおすすめするiPhoneのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」についてご紹介しました!

急速充電に対応していて大容量、そして料金も安く保証もついているコスパ最強のモバイルバッテリー。こんな商品が3,000円以下で買えるのは信じがたい事実です。

まだモバイルバッテリーを持っていない方にはこの「Anker PowerCore 10000」を激しくおすすめします!

思いもよらない時にやってくるのがバッテリー切れです。そんな時こそ、これをカバンの中に常に入れておくだけで心の余裕がだいぶ違いますよ!

以上、ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。