楽天カードのメリットとデメリットは?申し込み方法や入会特典ポイントをご紹介します!

ども!カズマルです!

世の中にはさまざまなクレジットカードが存在しますが、その中でも僕がおすすめするのが楽天カードです。

なぜなら年会費無料のカードの中ではダントツにお得で便利なクレジットカードだからです。

今回はクレジットカードを作りたいけど「どれにすればいいか迷っている」「楽天カードにするか迷っている」「なぜ便利でお得なの?」という方へ、楽天カードのメリットやデメリットをご説明します。



楽天カードはとにかく無料づくし!

楽天カードは無料で作れます。さらに年会費無料で使い続けることも出来ますし、事務手数料や入会手数料、年会費すべてが無料。

クレジットカード自体にお金がかからないのは、気軽に利用を始める上で大切なポイントですよね!

【注意】一般カード以外は年会費がかかるものもある

注意点としては、楽天カードにはさまざまなタイプのカードがあります。ETC機能が付いたカードやEdy機能がついたカード、ANAと連携したカードなどです。

これら付帯機能がついているカードは一般カードと違い年会費や発行手数料がかかるものがあるので注意。

【年会費/発行手数料がかかる楽天カード】

  • ETC付き楽天カード:年会費540円
  • Edy付き楽天カード:発行手数料324円

しかし、一般的な買い物だけを目的とした一般カードを作る際はすべて無料なので安心してください。

楽天カードのブランドは?

楽天カードが取り扱っているブランドはMaster Card / JCB / VISA になります。

この3つのブランドが使えれば日本では困ることはないですね。

楽天カードのメリットは?

さてそんな楽天カードのメリットを詳しく見ていきましょう。

楽天カードに入会しただけでポイントが貰える!

楽天カードといえば入会するだけでもらえる入会キャンペーンポイントが有名です。

楽天カードに新規入会するだけで2,000ポイントも貰うことが出来るんです(1ポイント1円相当)!

無料でカードをつくれるだけではなくポイントまで貰える!なんと太っ腹なんでしょうか!

また時期によっては、期間限定で7,000ポイントを貰えることもあります。

つまりカードをつくっただけで楽天市場などで7,000円相当のお買い物ができてしまうということですね!

楽天カードは高いポイント還元率&実質無期限!

楽天カードで買い物をすれば、100円につき1ポイント(還元率1%)が貰えます。

還元率1%というのは年会費無料のカードの中ではトップレベルの還元率の高さなんです。

ポイントは50ポイントから使うことができ、獲得したポイントの有効期限は最後のポイント獲得から1年間。

1年間に1度も楽天カードを使わないことは無いと思いますので、普通に使っていれば実質無期限ということになります。

楽天市場での買い物はポイント2倍!

そしてさらに楽天市場でお買い物した場合は100円で2ポイントもらえます!通常に比べて2倍のポイント還元です!

通常時の買い物につく100円で1ポイントの通常ポイント還元と楽天市場で買い物をすることとで108円につき1ポイントが還元され、合わせて100円につき2ポイントもらえるという仕組みになっています。

補足厳密には2倍ではないですが、説明の都合上わかりやすいように2倍と表現しています。

楽天市場でよく買い物をする!という方は楽天カードにしないとホント損なレベルですね!

その他にも使い方によっては、5倍、7倍の楽天ポイントを獲得する方法もあります。ポイントを5倍、7倍にする方法については、下記記事にまとめているので合わせてどうぞ。

楽天カードは車持ちには最高のカード!

忘れちゃいけないのが、楽天カードは車持ちには最高のカードでもあるんです。

その理由は、ENEOSで車にガソリンを入れる場合、楽天カードで支払うとなんと100円で2ポイント貰えるんです!

さらには楽天カードにETC機能がついている楽天ETCカード(年会費540円)にすることでETCを使った高速料金の支払い分も楽天ポイントに還元することが出来るようになります。

買い物しても、ガソリンを入れても、高速道路を使ってもポイントが貰えるなんて、車持ちの人は楽天カードにしない理由が見つかりません。

楽天カードは海外旅行の保険が手厚い!

あまり意識することが少ないですが、海外旅行での障害保険も楽天カードにはついています。

通常クレジットカードに付いてくる保険の種類には2パターンありますが

  • カードを所有しているだけで保険が有効となる「自動付帯」
  • カードで旅行代金を支払った場合有効になる「利用付帯」

楽天カードの場合は「利用付帯」。つまり旅行代金を楽天カードで支払った場合にのみ保険がつくタイプのカードです。

じゃあ楽天カードをもってるだけじゃダメなんだね…とがっかりされると思いますが、この楽天の保険は障害疾病治療費が200万円なんです!

これは年会費無料のカードとしてはトップレベルの補償金額になるんです。

海外によく行かれるという方にも楽天カードはおすすめですよ。

楽天カードのデメリットは?

ここまでは楽天カードのメリットについて説明してきましたが、もちろんデメリットもあります。

楽天カードはサポート窓口がつながりにくい

楽天カードは「サポートセンターへつながりにくい」という評判をよく見聞きします。

僕は楽天カードを6年使っていますが、サポートセンターへ電話をかけたのはカードを紛失したときと不正利用されたときです。

その経験からお話すると、どちらもすぐにサポートに繋がりましたし対応はとても早かったです。不正利用の際は電話して3分程でカードの停止と再発行の手続きが終わったほど。

なのでサポートが悪いという評判も今では改善されているのかもしれません。

【改善済み】楽天カードは自動リボに誤って設定しやすい

自動リボとは、店頭で一括払いと指定した場合でも自動的に支払いがリボ払いになってしまう仕組みのことです。

カードの申し込みの際に、自動でリボ払いにするかどうかを選択できるのですが、楽天カードではこの設定が他のクレジットカードよりもわかりにくいという特徴がありました。

そのため一時期ネットで話題になりましたが、現在では改善されてわかりやすく選択必須項目となっています。

出典|楽天カードのお申し込み – 楽天カード

自動リボを申し込まない方はここで「申し込まない」にチェックをいれればなにも問題ありません。

楽天カードの入会申し込みも簡単!

楽天カードの入会申込方法はとても簡単で、必要事項を記入し申請ボタンをクリックするだけ。すべてWeb上で10分程度で完了します。

【登録までの流れ】

  1. 楽天カード公式HPへ移動
  2. 「各種カードのお申込み」をクリック
  3. カード種別を選択
  4. 必要事項の記入し申請
  5. 審査
  6. カード発行

作業が完了し審査が無事終われば、カードが発行され現住所に送付されます。

楽天カードは今や1人に1枚必須のカード:まとめ

今回は楽天カードのメリット・デメリットについてご紹介いたしました。

僕が楽天カードをつくったのは6年ほど前ですが、そのときに比べればサービスの種類も品質もかなり向上しています。

僕が今でも楽天カードを使い続けているのは、サービス自体が他のカードに比べて良いというのもありますが、サービスをより良くしようという企業努力が使いながら見えてくるからという面が大きいです。

どのクレジットカードにすればいいのか悩んでいる方、楽天カードにしようか迷っている方には楽天カードはとてもおすすめです。

ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。