SoftbankのSIMロックiPhoneがそのまま使えるb-mobileの「990 ジャストフィットSIM」にMNP乗換したぞ!

ども!カズマルです!

カズマル

「Softbankから格安SIMへ乗換えたいけど、今持ってるiPhoneはそのまま使いたい…」

「更新月だからSoftbank解約したいけど、今使っているiPhoneはそのまま使いたい…」

このようにSoftbankの呪縛に頭を悩ませている人は多いと思います。僕もそうでした。

この頭を悩ませている原因は何かというと、iPhone 6 以前の機種ではSIMロック解除ができないという制約のせいなんですよね…。

ドコモやauであればSIMロック解除しなくても、MNPできる格安SIMサービスがあるのですが、Softbankに関しては、端末をそのままで使えるサービスはありませんでした。

なので、SoftbankのiPhone 6 以前の機種を使っている人は

  1. Softbankを使い続ける
  2. MNPして新規端末を購入する

の2つしか選択肢がないんですよね。

「ん?じゃあ新しい端末を買って格安SIMへ移行すればいいじゃん!」と思うかもしれませんが、

iPhoneは決して安い買い物ではないですし、長く使っている分愛着もあります。

それにまだバリバリ使えるのに、通信費を安くしたいからといって手放すのはもったいないですよね?

これがSoftbankのiPhone 6 以前の機種を使っている僕の頭を悩ませている原因でした。

カズマル

しかしそんな中、SoftbankのSIMロックがかかったiPhoneでもそのまま使える音声通話つきの格安SIMサービスがとうとう登場したんです!

それが今回僕が契約した、b-mobileの「990 ジャストフィットSIM」というプランなんです!!

これで今のiPhoneを使い続けることができるぞー!!

カズマル

今回は僕と同じようにSoftbankのSIMロックiPhoneを使っていて、Softbankから抜けだしたくても抜けだせなかった方へ。

b-mobileの「990 ジャストフィットSIM」についてその特徴やMNP方法をご紹介したいと思います。

そして実際に3ヶ月間使ってみての感想や料金はどのくらい安くなったのかも合わせてご紹介します!

なんとSoftbankの頃と比べると通信費は半分になりましたよ!

カズマル

b-mobileの「990ジャストフィットSIM」とは

まずはこのb-mobileについて簡単にご説明しておきます。

b-mobileとは日本通信株式会社が運営するMVNO事業のブランド名です。

そして、そのb-mobileが2017年11月にSoftbankのSIMロックiPhoneでも使える初めての音声SIMを発売しました。

それがb-mobileの「990 ジャストフィットSIM」になります!

b-mobileといえば日本で初めて格安SIMを手がけたパイオニアであり、草分けとして有名な格安SIMブランドでもあります。

b-mobile 990 ジャストフィットSIMの特徴

出典|b-mobile ジャストフィットSIM 公式HP

さて、ではこのb-mobileの「990 ジャストフィットSIM」はどのような特徴があるのかみていきましょう。

ムダのない「おかわり課金」方式

ジャストフィットSIMの1番の特徴は、データ通信を使った分だけ請求される「おかわり課金」方式です。

そのため、使い切れずに余らせてしまうこともありませんし、上限を超えて泣く泣く追加で購入する心配もありません。

使った分だけぴったり払うことができる。これがこの「ジャストフィットSIM」の特徴になります。

MEMO
月最大で15GBまで高速通信で利用可能。15GB以降は低速モードになります。

1GBを500円で購入可能

このジャストフィットSIMは月額基本料金が990円で、最初からデータ通信量が1GB付いてきます。

そしてこの基本の1GBを超えた分から、1GBあたり500円でおかわりしていくことになるんです。

さらに10GBを超えて11GB〜15GBまでの間は1GB350円とさらに安くなる仕組みになっているんですよ。

2GB使えば1,490円。3GB使えば1,990円となります

カズマル

通信量の上限も自分で設定できる

このおかわり方式のデメリットを挙げるとすると、間違って通信量を使いすぎてしまった場合です。この場合、使うはずがなかったにしろ、その分をきっちり請求されてしまいます。

しかし、自分がいまどのくらいデータ通信量を使っているのかいちいち気にしながら使うのは嫌ですよね?

そんな方のために、自分で決めたデータ量に達したらそれ以上はおかわりしないように上限を設定することもできるんです。

これで、動画を見ながら寝落ちしてしまったー!なんていう場合でも、その設定した上限を超えた分は、料金が発生しないので安心して使うことができます。

MEMO
上限の設定は5GBから設定することができます。

「b-mobile電話」アプリで電話代が半額

出典|b-mobile ジャストフィットSIM 公式HP

他の格安SIMでも同じようなサービスがありますが、b-mobileから無料で提供されている「b-mobile電話」というアプリがあります。

このアプリ経由で電話をすることで、通常20円/30秒の通話料金を半額の10円/30秒に割引くことができるんです

なので、もしb-mobileに乗換えたら、このアプリはインストール必須ですね!

オプションで5分の電話かけ放題もあり

出典|b-mobile ジャストフィットSIM 公式HP

さらに、よく電話をかけるという人には、月額500円で5分間の電話かけ放題オプションもあります。

b-mobileへの登録方法

さて、お次は実際にb-mobileへ登録して「ジャストフィットSIM」へ申込む手順についてご説明していきます。

まず、このb-mobileの「ジャストフィットSIM」へ申し込む方法は主に3つです。

  1. パッケージを店頭で購入し、Webでb-mobileと契約する
  2. パッケージ購入とb-mobile契約をWebでやる
  3. 即日受取カウンターでパッケージの購入とb-mobileとの契約をする

今回は誰でも簡単にできる、2番目の「すべてWebでやる方式」での手順をご紹介します。

My b-mobileアカウント登録

まず、申し込みをするためにはb-mobileへ会員登録をする必要があります。

会員登録はメールアドレスの登録だけなので、3分もあれば作業は終わります。

登録を始めるためにb-mobileの「ジャストフィットSIM申し込み」サイトへいきましょう。

サイトを開くとこのようなページが表示されます。

まずは、申し込みページの右側の「申込パッケージをお持ちでない方 SIM購入・申込」ボタンをクリックして、下の方にある「b-mobileを初めて契約される方」というボタンをクリック。

すると下記のような「b-mobile ID登録」画面になります。

登録するメールアドレスとパスワードを入力し「送信」ボタンをクリック。

すると、登録したメールアドレス宛に本人確認のためのメールが届くので、メール内の承認リンクをクリックしましょう。

これで、b-mobileへの登録は完了となります。

「990ジャストフィットSIM」の申込手順

次に実際にSIMの申込をする方法についてです。

MNP予約番号を取得

まず転出元のキャリヤへ電話し、MNP予約番号を取得する必要があります。

口頭で教えてもらうことになるので、メモのご準備をして電話しましょう。

Softbankの場合は「*5533」へ電話することで予約番号を発行してもらうことができますよ。

「ジャストフィットSIM」の契約申込み

さて、いよいよ「990ジャストフィットSIM」契約の申込手続きになります。

先ほど登録したMy b-mobile へログインします。

すると、以下のページが表示されるので、「申込パッケージをお持ちでない方」の方の「購入する」ボタンをクリックします。

次に通話5分かけ放題のオプションをつけるかどうかの確認があります。

該当する方のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックします。

MEMO
この設定は後からでも変更可能なため、迷ったらとりあえずかけ放題なしにチェックをいれましょう。

注意事項のページが表示されるので、よく読んでチェックします。チェックしたら「次へ」ボタンをクリック。

契約内容通知書を郵送するかどうかを聞かれるので、該当する方にチェックを入れましょう。

また、MNPをする「電話番号」と先ほど取得した「MNP予約番号」「MNP予約番号の有効期限」を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

最後にクレジットカード情報の入力と本人確認書類画像(運転免許書など)をアップして「申し込む」ボタンをクリックすれば手続きは完了です。

MEMO
「ジャストフィットSIM」の初期手数料は税込で3,240円かかります。

SIMのMNP切替手順

SIMパッケージが届くのを待つ

申し込んでから数日すると登録した住所へSIMパッケージが届きます。

中身はMNP切替手順とナノSIMだけです。

シンプルでわかりやすいですね!

カズマル

MNP回線の切り替えを行う。

SIMが届いたら早速、SIMの切替作業を行なっていきましょう。

まずはお使いの端末をシャットダウンして、いま使っているSIMを取り出します。

取り出す際は、SIMを取り出す専用のSIMピンを使うのがベストですが、無ければペーパークリップで問題ありません。

僕もペーパークリップで取り出しました。

トレイを引き出し、パッケージに入っていたSIMに入れ替えます。

iPhoneにSIMカードを差し込み、電源をON。iPhone起動後、iPhoneにメッセージ(SMS)が届きます。

メッセージ確認後、再度iPhoneの電源を切り、再起動しましょう。

再起動が終わったら、プロファイルをダウンロードします。

プロファイルの設定が完了したら、Wi-Fiを切り、再度端末の再起動を行います。

ここまできたら、safariなどのWebブラウザを立ち上げてインターネットにアクセスできるか確認をしてみましょう。

インターネットに繫れっていることが確認できれば、これですべての設定作業が完了です。

おつかれさまでした!

カズマル

990ジャストフィットSIMを3ヶ月間使ってみて:まとめ

今回はSoftbankのiPhoneがそのまま使えるb-mobileの音声SIM「990ジャストフィットSIM」についてご紹介しました。

Softbankのカオスな契約から逃れられて今では清々しい気持ちです。

このb-mobileのジャストフィットSIMに乗り換えて3ヶ月ほど経ちますが、はたして通信費はどのくらいやすくなったのでしょうか?

結果はなんと、2,151円になりました(音声通話込み)!

カズマル

Softbankを使っていた時は、通信費だけで毎月5,700円だったので、半分以下にまで通信費を抑えることができました

MEMO
Softbank時代はホワイトプランの「パケットし放題 for 4G LTE」というプランでした。
いやー!b-mobileに乗り換えてほんと良かった!

カズマル

ぜひ、Softbankから抜け出せずに高い通信量を払い続けている方は、b-mobileの「990ジャストフィットSIM」に乗り換えることをおすすめします!

以上、ではではー!

カズマル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。