楽天カードが不正利用された!「JCB アップル アイチユーンズストア」という見に覚えのない請求がきた場合の対応方法まとめ!

カズマル

ども!カズマルです!

いきなりですが、まずはこちらの画像をご覧ください。

この画像は楽天e-naviの利用明細画面のスクショです。

これを見ると、7月28日〜30日にかけて「JCB アップル アイチユーンズストア」から2,000円と3,800円の請求が毎日発生していることがわかると思います。

もちろん、これらはすべて見に覚えのない請求。つまり不正利用された明細ということになります!!

カズマル

今はすべての対応が終わったので、このように落ち着いて記事を書いていますが、見つけたときはホントに焦りました!(冷や汗だらだら…)

そして不正利用されたのは今回が初めてだったこともあり、何をどう対応すればいいのかまったくわからず一人であくせくしておりました…。

今回は僕と同じように楽天カードを使っていてiTunesストアから見に覚えのない不正利用の請求がきたときに迅速に対応できるよう、対応策をこの記事にまとめておきます。

iTunesストアに限らず、別のところで不正利用された場合でも対応の流れは一緒なので「クレジットカードを不正利用されたー!」という方は参考にしてみてくださいね♪

不正利用されたのはApple ID?それとも楽天カード?

今回の場合、「AppleのiTunesストアで自分の楽天カードの番号が使われた」ことくらいしかこの利用明細からはわかりません。

そのため、今回不正利用されたのが「Apple ID」なのか、「楽天カード」なのかをまず見極めて整理する必要があります。

今回の事例で考えられる不正利用パターン
  1. Apple IDが不正利用されたパターン
    (例)ご自身のApple IDが盗まれ、そのIDでアプリなどを購入→登録していた楽天カードで決済
  2. 楽天カード番号が不正利用されたパターン
    (例)不正利用者のApple IDにご自身の楽天カードを登録される→そのIDでアプリなどを購入

それぞれ1つずつ見ていきましょう。

自分のApple IDが不正利用されている場合

まず1つ目の「Apple IDが不正利用されたパターン」についてです。

これはAppleのiTunesストアの決済手段に不正利用された楽天カードを登録していた場合に起こりえます。

この場合、悪意のある第三者が、

  1. 盗んだApple IDとパスワードでiTunesストアにログイン
  2. 有料アプリや楽曲を不正購入
  3. Appleに登録していた楽天カードで決済

という流れです。

なので、まずは不正利用されたクレジットカードと同じカードをApple IDでの決済方法として登録しているかどうかを確認しましょう。

もし、同じカードを登録していた場合は、Apple IDが不正利用された可能性があります。

ただし、あくまで可能性であり、この段階では、Apple IDの不正利用なのか、楽天カードの不正利用かはまだわかりません(後ほどご説明します)。

補足
そもそもApple製品を使っておらず、Apple IDももっていない方は、このケースでの不正利用ではないので、以下のクレジットカード番号が不正利用されているケースをお読みください。

クレジットカード番号が不正利用されている場合

次に2つ目の「楽天カード番号が不正利用されたパターン」についてです。

これはそのままで、楽天カード番号が盗まれて悪用された場合に起こりえます。

この場合、

  1. 不正利用者のApple IDに盗んだ楽天カード番号を登録
  2. 有料アプリなどを購入
  3. 不正利用された楽天カードで決済

という流れです。

Appleの支払いに不正利用されたカードを登録していなかった場合は、こちらのケースになります。

不正利用されたのがどちらかで対応の初手が変わってくる

「Apple IDが不正利用されたパターン」と「楽天カード番号が不正利用されたパターン」のうち、どちらに当てはまるかで、この後、真っ先に対応を求める先がAppleなのか楽天カードなのかが変わってきます。

  1. Apple IDが不正利用されたパターン
    まずはAppleへ問い合わせが必要。「①Apple Idの不正利用」なのか「②クレジットカードの不正利用」なのかを調査してもらう必要あり。
  2. 楽天カード番号が不正利用されたパターン
    まずは楽天カードへ問い合わせが必要。楽天カード番号の利用停止、再発行の手続きをしてもらう必要あり。

それでは実際にどちらのケースに該当するのか確認するための方法をご説明します。

Apple IDが不正利用されていないか確認する

まずは1つ目の「Apple IDが不正利用されたパターン」かどうかを調べます。

iTunesストアの購入履歴を確認

Apple IDが不正利用されていた場合、iTunesストアの購入履歴にきちんと残っているはずです。

なので、まずはiTunesの購入履歴を調べてみましょう。

購入履歴の確認は以下のリンクから、「Apple ID」と「パスワード」を入力することで確認できます。

ページを開き「すべての購入したアイテム」を見てみましょう。

僕の場合、不正利用があった7月28日〜30日の購入履歴には120円のiPhoneアプリを購入しただけで、2,000円だとか3,800円のアイテムは買っていないことがわかります。

ここで楽天カードの明細に載っていた金額のアイテムを購入していなければ、Apple IDを不正利用されたわけじゃないと証明できます。

逆にこの購入履歴にクレジットカード明細と同じ履歴があれば、Apple IDを不正利用されていることになります。

注意
家族が別のApple ID を使っていて決済を同じカードにしている場合もあるので、心当たりがある方は確認しておきましょう。

Apple IDが不正利用されていた場合はAppleストアへ問い合わせ

Apple IDが不正利用されていた場合は、その旨をApple側へ伝えて請求の取り消しと調査を依頼する必要があります。

またApple IDの不正利用ではなかった場合でも、自分と同じクレジットカード番号を支払い先として登録しているアカウントがいるはずなので、そこを調査してもらいましょう。

Appleストアへの問い合わせ方法

実際にAppleへ不正利用があった旨を報告する場合の問い合わせ方法をご説明します。

まずは以下のリンクから問い合わせフォームを開きます。

注意
Apple ID(Apple製品)を持っていない方は、Apple問い合わせフォームからの問い合わせができません。そのため、Appleサポートのフリーダイヤル(0120-277-535)へ電話してみてください。

ページを開くと「メール」もしくは「指定した日時に電話」のどちらかを選ぶことが出来ます。僕は仕事中だったのでメールにしました。

メールの場合は、「名前」「メールアドレス」「問い合わせ内容」を記載して送信するだけ。

そして返信は1時間もしないうちに帰ってきました。早いですね!

僕の場合は、購入履歴で確認したとおりApple IDの不正利用ではなく、クレジットカードの不正利用でした。

また同じクレジットカードを登録している他のユーザも見当たらなかったとのこと。この後も丁寧に対応いただきました。Appleサポートの塩ノ谷さんありがとうございました。

追記(2017/11/20)
なんと、Appleサポートセンターへ伝えたカード番号を間違えていました…。正しい番号を伝えると、不正利用していたアカウントが見つかり、そのアカウントは速攻で停止してもらえました。

楽天カードへ不正利用があった旨を連絡

さて次に楽天カードへの問い合わせ方法になります。

見覚えのない請求が2つ目の「楽天カード番号が不正利用されたパターン」であることがわかったので、楽天カードへカード再発行の手続きをしてもらう必要があります。

楽天カードへの問い合わせ方法

まずは楽天カードのコンタクトセンターへ電話して

  1. クレジットカードの利用停止
  2. クレジットカードの再発行
  3. 不正利用の調査

を依頼しましょう。問い合わせ先は下記リンク先です。

急いでいる方のために、現時点での電話番号のキャプチャを貼っておきます(2018/12/30時点)。

楽天カードお客様問い合わせ窓口

電話がつながったら、クレジットカードの不正利用の可能性があること、Appleサポートへ確認済みであることをオペレーターに伝えると話がスムーズに進みます。

本人確認として、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 不正利用と思われる請求の日付と金額

を聞かれます。

なので楽天e-naviの明細をみながら電話をかけることをおすすめします。

出先でそれができないという方は不正利用された日付と金額を紙にメモしておくとよいでしょう。

まずはカード利用をその場で停めてもらって、再発行手続きをします。

カズマル

再発行後、新しいカードは1週間ほどで自宅に届きました

カード会社によっては再発行してから自宅に届くまで3週間かかる場合もあるので、そこは楽天カードは対応早いですね!

また不正利用については、楽天カード側で調査してもらい、後日別の担当者から電話での連絡があるので待機することになります。

【注意】リアルタイムな明細情報は楽天e-naviでは見れない

ここで注意してほしいのが、楽天e-naviではリアルタイムな明細情報を見ることが出来ないという点です(おそらく3〜4日遅れで明細情報が更新されています)。

つまり楽天e-naviで見ることができる明細は3〜4日前の履歴からであって、昨日、今日に不正利用があった場合は楽天e-navi上からは確認できないということになります。

なので、楽天e-naviにまだ載っていない直近の不正利用についても請求をストップしてもらう必要があることを忘れないようにしましょう。

僕の場合だと8月3日時点で7月30日以前の支払い明細しか見ることが出来ませんでした。

そのため7月31日〜8月3日(現在)までに不正利用が行われていないか、その場でオペレータへ確認したところ、

カズマル

やはり不正利用と思われる請求がリアルタイムで進んでいるとのこと・・・

【注意】楽天カードからの返金は翌月以降の請求で反映されます

今回の不正利用額の合計は約5万円。

僕の場合、楽天カードの不正利用だったため、楽天カード側で不正利用分の請求をキャンセルしてもいました。

が、実際には、この不正利用された額は一度通常通り請求され、翌月以降にキャンセル扱いとして楽天カード側から不正利用額がプラスされます。

例えば、今回は7月に不正利用されたので、

  1. 7月の請求分には不正利用額含めた請求額を払う
  2. 8月の通常の請求分とそこから不正利用額を引いた請求額を払う(実際にはプラスの明細情報として請求されます)

ここで気をつけないといけないのが、楽天カードの場合(他のクレジットカード会社も同じだと思いますが)、不正利用分を自分で一度支払わなくてはいけないという点です。

カズマル

僕の場合、不正利用額が約5万円だったので、まだ支払うことができましたが、これが10万、20万となれば話は変わってきますよね・・・

まとめ:楽天カードが不正利用されても焦らず対応することが大切

Apple iTunesストアと楽天カードの不正利用があった場合の対応についてまとめました。

今回不正利用された楽天カード側の対応も早くとても迅速に対応いただけたので、大変助かりました。これからも楽天カードを愛用していこうと思います。

楽天カードが不正利用されたときは、しっかり原因を見極め、原因に合わせた対応を焦らずに取ることが大切です。

関連記事:クレジットカードを不正利用させないための対策&不正利用されても被害を最小限にとどめる方法をご紹介!

以上、ではではー!

7 COMMENTS

alec

自分もそれに引っかかりました。アップルIDを持っていないのでアップルとちっともコンタクトが取れません。メールもIDが任意、なのでそこからすすみません。困ったものです。

カズマル

alecさん>
アップルIDを持っていないということは、クレジットカード番号が不正利用されたということですね。
そして、アップルIDをもってないとApple側は問い合わせに対応してくれない!?

これは、かなり困りましたね。。alecさんがクレカ番号を変えれば、一応問題は解決ですが、不正利用者は野放しのままになり、また新たに被害に会う人がいるかもしれません。。

もしよければですが、僕のTwitter(@_kkzznn )のDMかメールアドレス(kazumaru.blog@gmail.com)に、被害にあったクレカ番号と被害にあった証拠(不正利用明細、クレカ会社とのやりとりなど)をいただければ、私の方でAppleへ問い合わせてみますので、ご連絡いただければ(個人情報の部分はモザイクなりで構いません)。

alec

早速の返信ありがとうございました。IDについて問い合わせをと探していたら、フリーダイヤルを見つけ、なんとかそこから連絡を取ることができました。やはりID(アップル製品)を持っていないと問い合わせサポートは難しいようです。(入っていけない?)
そして調べてもらったら、やはりクレジットカードを不正利用されていたました。手続きをしてもらえそうなので安心しました。
いろいろありがとうございました。

カズマル

alecさん>
アップルIDを持っていない人は、そもそも問い合わせフォームに入ることができないんですね、、たしかにその点抜けていました(記事に追記させていただきます)。

また、手続きしてもらえそうとのことでよかったです。不正利用された時はめちゃくちゃ焦りますもんね。。解決してなによりです。

ちなみにですが、フリーダイヤルとはどちらのものでしょうか?(Apple?それともクレジットカード会社?)もしお時間ありましたらご回答いただけると嬉しいです。

ひとまず、解決したとのことでよかったです!

alec

返事が大変遅くなりすみません。フリーダイヤルはApple社です。とても丁寧に対応してくれました。ただ、そこまでくる(見つける)のには大変苦労しました。
カード会社の方もとても親切だったので、スムーズに事が運び、無事請求をキャンセルで来ました。
実は、またどういうわけか、今度はヤフージャパンから不正利用の請求がきて、今対応に追われています。ヤフーはメール対応しかしておらず、ちゃんと早急に返事をくれるか・・・こちらの方が厄介な感じです。
しかしながら、なぜこんなに不正利用に当たってしまうのか・・・ 
ネットとは、恐ろしいものです。

カズマル

alecさん>
ご返信ありがとうございます。
Appleは電話(0120-277-535)でのサポートであればIDをもっていなくても対応してくれるんですね!
無事キャンセルできてよかったです!!
次は・・・Yahoo!JAPANですか・・・。
今回不正利用されたクレカ番号は新しいものに切り替えたのですよね?
その切り替えた新しい番号でもYahooから不正利用されたということでしょうか?
(質問ばかりですみません)
そこまで頻繁に不正利用の被害にあわれると辛いですよね・・・
よく行くお店などで番号をスキャミングされたりしてないか、
クレカを目の届かないところにおいていないかなど、身に覚えがあればいいのですが、、
こればかりはお力になれそうにありません。
ここまで立て続けとなると、一度、クレジットカードを使うのをやめてみるのも一つの手かもしれませんね。

匿名

わたしもそう思います。カードを使うのが怖くなります。前のカードはすぐに切ったので大丈夫 とカード会社から連絡がありました。ヤフージャパンはあとからまとめて請求が来て、いつ使われたかカード会社はわからないそうです。今回の請求は前のカードだそうです。楽天は電話がつながりやすく対応も迅速なので安心です。ヤフーは問い合わせメールに入るのもなかなか厄介だし、返事も遅いのでちゃんと届いているのか、そのアドレスが怪しいものでないのか・・・とすべてを疑いがちになってしまします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。