引越しで住所変更が必要になるものをリストにまとめてみた!【チェックリスト付き】

ども!カズマルです!

引越しでめんどうなのが、住所変更の手続き。

カズマル

自分でもどこに住所が登録されてるのか、すべて把握できてません・・・

住所変更のなかでも特にやっかいなのが、お役所関連の書類やクレジットカードなど、きちんと住所を変更しないと怒られてしまったり、利用できなくなってしまうものです。

ただでさえ引越し作業で忙しいので、住所変更なんてあとまわしでいいだろ!と思いますが、そういうわけにもいきません・・・

今回は、そんなめんどうな住所変更の負担をすこしでも軽くできればと思い、引越しのときに住所を変更する必要があるものについてまとめてみました。

カズマル

チェックリスト(スプレッドシート)も用意しているので、ぜひ使ってみてくださいね♪

引越し前に住所変更すべきこと

まずは、引っ越す前に片付けておくべきものについてご紹介します!

それぞれ「1ヶ月前」「2週間前」「1週間前」と、いつまでにやればいいのかわかりやすいよう3つの期間に分けてご紹介しますね♪

引越し1ヶ月前から手をつけた方がよいもの!

必要な手続き 手続き先 手続きに必要なもの メモ
インターネット プロバイダ 転居もしくは解約手続き
CS・衛星放送 放送局
健康保険・年金 勤務先の会社 引越し先の住所

住所変更でもっとも優先的にやるべきなのは、回線工事などが必要な通信系サービスの手続きです。

光回線やケーブルテレビ、CS放送などを契約しているかたは、まずはそれらを転居する手続きからとりかかりましょう。

また、引越しを機に解約する場合でも、工事の日程調整やモデムの返却作業があるので、早めに連絡をいれることをおすすめします。

さらに、健康保険や、住民税、厚生年金など。会社に代理で住所変更の手続きをしてもらう必要があるので、会社員のかたは勤務先の会社へ引越しすることを早めに伝えておきましょう。

引越し2週間前から手をつけた方がよいもの!

必要な手続き 手続き先 手続きに必要なもの メモ
ガス ガス会社 契約者の氏名、
契約種類、
お客様番号、
旧住所、
引越日など
転居手続き
水道 水道局会社
電気 電力会社
固定電話  NTT
携帯電話 携帯電話会社
郵便 旧住所管轄の
郵便局
転送手続き
転出届 旧住所にある役所 本人確認書類 引越し日の14日前から手続き可能

引越しで1番失敗してはいけないのが、電気・水道・ガスなどのライフラインの転居手続きです。

電気・水道・ガスなどは引越し日に立会いが必要なため、引越し日の日程調整などなるべく早くおわらせておくことをおすすめします。

カズマル

最悪、引越したのに電気がすぐ使えないなんてことになります・・・

さらに、転出届は引越しの14日前から提出することが可能です。

転出届を引越し日ギリギリに出そうとすると、その時期は忙しいので忘れてしまうことがあります。

なので、比較的余裕のある日を2週間前からみつけておき、早めに役所へ提出しましょう。

引越し1週間前からでも大丈夫なもの!

必要な手続き 手続き先 手続きに必要なもの メモ
国民健康保険 旧住所にある役所 本人確認書類、保険証、印鑑 資格喪失届の提出
NHK NHK
児童手当 旧住所にある役所 児童手当受給事由消滅届、住民税の課税証明書 児童手当の停止手続き
転校届け 在学している学校 在学証明書、教科書給与証明書
火災保険 契約している保険会社 物件の管理会社によっては契約異動できない可能性あり
地震保険

意外と忘れがちなのが、NHKの住所変更です。

NHK公式HPから簡単に手続きできるので、余裕があるときにちゃちゃっと済ませちゃいましょう。

あとは、お子さんがいるかたは児童手当や転校届けなども必要になります。

また火災保険など、現在契約している保険は、引越し先でも継続できる場合があります。

引越し先の物件管理会社へ確認し、もし継続して加入できるようであればこちらも住所変更をおこないましょう。

引越し後に住所変更をやるべきこと

つぎに、新住所へ引っ越したあとにやるべき住所変更についてご紹介します!

住所変更手続きに期限があるもの

必要な手続き 手続き先 手続きに必要なもの メモ
転入届(転居届) 新住所にある役所 本人確認書類、印鑑、転出証明書など 新住所に引越してから14日以内に手続きが必要
マイナンバー
(通知カード)
新住所にある役所
国民健康保険 新住所にある役所 国民健康保険証、印鑑
国民年金
厚生年金
新住所にある役所 国民年金手帳、印鑑、本人確認書類
車庫証明書 車庫管轄の警察署 保管場所の所在図、住民票または印鑑証明書など
車検証 普通自動車:陸運局 軽自動車:軽自動車検査協会 住民票、車検証、車庫証明、自動車税の納税申告書など 新住所に引越してから15日以内に手続きが必要
児童手当 新住所にある役所 児童手当認定請求書、住民税の課税証明書、印鑑など
入学届 新住所にある役所、入学先の学校 入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書
学資保険 加入している保険会社 保険証券、印鑑、本人確認書類
ペット 新住所にある役所または保健所

引越し後の住所変更で注意すべきなのは、引越した日から2週間のあいだに役所へ提出しなければいけない書類がある点です。

この期限をすぎるとどうなるかについては、別記事にまとめています。

>>引っ越しで住所変更しなきゃダメ?住民票を移動しないことによるデメリットを紹介するぞ!

なので、新住居へ引越したあともきちんと予定をあけ、これらの住所変更を期限までに忘れずやるようにしましょう。

車をお持ちの方は、車庫の住所変更も引越し日から15日までに提出せよ!と期限をもうけられているので、わすれずに手続きを完了させておきましょう。

その他、特に期限のないもの

最後に、引越しが落ちついたあとでも大丈夫な住所変更についてです。

必要な手続き 手続き先 手続きに必要なもの メモ
銀行 口座を開設している銀行 口座番号、住所、暗証番号
クレジットカード 発行しているクレジットカード会社
運転免許証 警察署または運転免許試験場 運転免許証、新住所がわかる書類、印鑑
自賠責保険 契約している保険会社 自賠責保険証明書、印鑑など 自動車をお持ちの方
任意保険
定期購読サービス 定期購読しているサービス会社 化粧品、サプリメントなど
ECサイト 登録しているECサイト Amazon、楽天市場など

銀行やクレジットカードなど、とくに変更期限がもうけられていないものでも、きちんと住所変更をおこないましょう。

お知らせのハガキなどは、郵便転送手続きをしていれば、新住所へとどきますが、1年間だけであり、なかには転送できない本人限定受取郵便などもあります。

カズマル

めんどくさがらず、きちんと住所変更するようにしましょう!

忘れっぽい方のための住所変更チェックリスト!

ここまでに紹介してきた、引越しでやるべき住所変更リストですが、みてもらうとわかるとおり、かなり多いです。

一人暮らしされているかたならまだしも、お子さんもいて、車も持っていて、ペットも飼ってる、となるとかなり手続きの量は増えます。

そんな方のために、住所変更すべきものをまとめたチェックリストを作成いたしました。

Googleスプレッドシートなので、スマホでもみれますし、紙に印刷してもらっても大丈夫です。

カズマル

このチェックシートをご自身のGoogleドライブにコピーしてお使いください♪

まとめ

引越しするときに、住所変更が必要な手続き先についてご紹介しました。

大まかに「引越し前」と「引越し後」それぞれ手続きをしなくてはならないものがあり、

また、期限をもうけられているもの、住所変更をしないと利用できなくなるものもあります。

引越しがきまったら、まずは用意したチェックリストを印刷してもらい、いつ手続きするのか自分のスケジュールと照らし合わせ、漏れのないようにしてくださいね♪

以上、ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。