Zaif取引所へ住信SBIネット銀行から実際に1万円入金してみた!全手順を解説するぞ!

ども!カズマルです!

ビットコイン取引手数料がマイナスなことで有名な仮想通貨取引所Zaifへ1万円を入金してみました。

入金はZaifへの入金手数料が無料の住信SBIネットバンクを使って振り込みましたよ。

Zaifへの入金方法がわからない、すべて無料でZaifへ入金する方法が知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

またZaif取引所のメリットデメリットについては関連記事にまとめているので、Zaifのメリットを知りたいというかたはこちらも合わせて読んでみてくださいね♪

Zaifの入金手数料について

まずはじめに、Zaifへ日本円を入金する際にかかる入金手数料について実際に入金する前にきちんと理解しておきましょう。

Zaifへの入金手数料が最も安いのは銀行振込

Zaifへ日本円を振込む為の手段としては「銀行振込」「コンビニ入金」「ペイジー入金」の3つがあります。

そしてそれぞれ入金するにあたって手数料がかかるります。詳しい手数料については以下の図をご覧ください。

この3つの中で最も入金手数料が安いのは銀行振込での入金です。

そのほかのコンビニ入金やペイジー入金は486円〜なので、とても安くはない金額ですね。

住信SBIネットバンクなら入金手数料が無料!

Zaif取引所では入金の受取口座が住信SBIネットバンクに指定されています。

そのため、振込む銀行は住信SBIネットバンクがおすすめなんですね!

なぜなら、住信SBIネットバンク口座同士の振込については、振込手数料がかからないからです。

なので住信SBIネットバンクの口座からであれば、Zaifへの入金手数料はかかりません!

住信SBIネットバンクなら営業時間外、土日祝日でも即時入金が可能

さらに住信SBIネットバンクであれば、銀行の営業時間外または土日祝日でも即座に入金が可能なんです。

メガバンクなどの店舗型の銀行では、土日祝日は営業していません。そのため「休みの土日で仮想通貨購入してみるか!」と思っても入金されるのは早くても月曜日になってしまうんですね…。

せっかく購入したい通貨が暴落しているチャンスにも関わらず、その仮想通貨を買うことができないなんてかなりの機会損失になってしまいますよね。

そんな機会損失を避けるためにも、Zaifへの入金は住信SBIネットバンクがおすすめです!

まだ口座持ってないよ!という方は、この機会に口座を作っておくと良いかと思います。

Zaif取引所への入金手順

さて、だいぶ前置きが長くなりましたが、さっそくZaif取引所へ日本円を入金してみましょう。

Zaifへログイン

まずはZaifへログインします。

Zaifログインページはこちら

ログインが終わったら「アカウント>入出金と履歴>¥マーク」の順にクリック。

すると、入金金額を入力するボックスが表示されるので、そちらに入金する金額を入力し「入金開始」ボタンをクリックしましょう。

銀行営業時間外または土日祝日の銀行振込での入金時の注意

ここでの注意点として、銀行の営業時間外または土日祝日に入金する場合は、入金金額を入力するためのボックスが表示されません。

入金する場合は、右下にある「※翌営業日以降の扱いになる可能性を理解した上で銀行振込による入金を開始する」という記載のリンク部分をクリックする必要があります。

振込む際の名義はZaif指定の名義で振り込もう!

入金金額を入力すると、Zaifの振込先の口座情報が表示されます。この口座へ実際に振込むわけですが、1つ注意点があります。

Zaifでは振込登録をした人と、実際に振り込まれた取引情報とを自動でマッチングするために、振込名義を見ているようです。

そのため、銀行から振込を行う際は振込名義をZaifから指定された名義へきちんと変更する必要があります。

もしZaifへ入金する際に指定された名義とは違う名義で振り込んでしまうと、自動での入金処理が正常に行えず、いつまでたってもZaifへの入金が反映されないということになってしまいます。

なので、指定された振込名義で振込むことを徹底しておきましょう。

住信SBIネットバンクで振込処理を行う

さて、次は住信SBIネットバンクへログインして、振込処理を行いましょう。

「振込方法選択」画面で振込依頼人名を登録できるので、ここにZaifから指定された名義を設定します(Zaifの画面からコピー&ペーストで問題ありません)。

振込依頼人名を設定したら「金融機関選択」「支店名選択」を行い、

「口座指定・金額入力」画面で、Zaif取引所の振込口座番号と、振込金額を入力します。

メモ項目に後からみて何の振込かわかるように「ザイフへの入金」など記録しておくと良いでしょう。

終わったら「確認」ボタンをクリック。

「振込(完了)」画面が表示されるので、きちんと受付が行われたことを確認します。

ここでZaifへ今後入金を行うときのために、振込先の口座情報を登録しておくとよいでしょう。

最後に振込結果照会を行い「手続き済み」になっていれば、Zaifへの入金は完了となります。

Zaifへ入金が反映されたことを確認する

銀行振込が完了したら、Zaifへ入金が反映されるまでしばらく待ちましょう。

Zaif画面の入金履歴が表示されたら、入金の反映が完了したことになります。

僕の場合、Zaifへ入金して反映されるまでに12分かかりました。タイミングにもよりますが、だいたい5分〜20分はかかることを念頭にゆっくり待ちましょう。

Zaifへの入金手順:まとめ

今回はZaifへの入金手順についてご紹介しました。

大切なお金なので、取引所へ入金しただけなのに手数料が取られるなんて、なんか釈然としないですよね?

さらにこれから何度も何度も入金することを考えると、その度に手数料を取られていては、仮想通貨の収益にまで響いてしまうことになります。手数料負けというやつですね。

なので、Zaifへの入金の際には住信SBIネットバンクを使って入金することを強くおすすめしますよ。

まだ住信SBIネットバンクの口座を持っていないという方はこの機会に作っておいても損はありません。

Zaifに関わらずそのほかの国内の取引所でも住信SBIネットバンクの口座が用意されているので、仮想通貨をこれからも購入していこうと考えている方にとっては必須の口座になります。

以上、ではではー!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。