富士芝桜まつりに行ってきた!富士山をバックに色とりどりの芝桜が綺麗だったぞ!

カズマル

ども!カズマルです!

今回、山梨県の富士本栖湖(もとすこ)リゾートで開催されている「富士芝桜まつり」へ行ってきました!

訪れたのは、2019年の4月下旬。

開花状況は六分咲き程度でしたが、広大な敷地に咲き乱れる色とりどりの芝桜たちはとても綺麗でした!

園内には、スタンドタワーや高さ2.5mのフラワータワー、全長約70mのフラワーウォール、竜神池での噴水など、楽しめる演出が盛りだくさん。

芝桜まつりを訪れたのは午前中にも関わらず、たくさんの鑑賞客で賑わっていました。

見頃真っ盛りのGWはこれ以上にかなりのお客さんで混雑するとのこと。

カズマル

混雑が苦手なかたは4月下旬ごろの方が混雑に悩まされることはないのでおすすめかも

今回は HISのバスツアー で富士芝桜まつりへ行きました。

そのため、富士芝桜まつりへ向かう道中は比較的空いてる道をプロの運転手さんが選んでくれるので「道路が混雑していて全然進まない・・」なんてこともありませんでした。

富士芝桜まつりとは

さて、そんな富士芝桜まつりの魅力についてご紹介していきますね♪

富士芝桜まつりとは、

首都圏最大級約80万株の芝桜が富士山麓の広大な敷地に咲き誇ります。
鮮やかな色のコントラストが美しい、富士山を彩る花の祭典です。

引用|富士芝桜まつり公式サイト

なんと、植付面積は約2.4haもあり、ほんとに目の前一面が芝桜でうめつくされるほどの広さなんです。

開催時期は、毎年4月の中旬から5月の下旬まで開催されています。

詳しい日程については毎年変わるため公式サイトをご覧ください。

富士芝桜まつりでみることができる芝桜たちをご紹介!

富士芝桜まつりではさまざまな芝桜や、そのほかの色鮮やかな花を鑑賞することができます。

実際に撮った写真とともにひとつずつご紹介していきますね♪

マックダニエルクッション

ピンクがとても印象的なマックダニエルクッション。

一面に群生した様子はまさにピンクのカーペットを敷いているかのような綺麗さ。

カズマル

富士芝桜まつりで1番印象的な芝桜でした♪

スカーレットフレーム

こちらは赤い芝桜で有名なスカーレットフレーム。

まだまだ見頃じゃなく、まばらなのが残念でしたね。

ジャイアントローズ

ピンクの大きな花弁をもつジャイアントローズ。

あまり目にすることができない貴重な品種だそうです。

オータムローズ

マックダニエルクッションより薄いピンクのオータムローズ。

頭の中央の濃いピンクの斑点がアクセントになっていてとても可愛いですね!

オーキントンブルーアイ

淡い紫色のオーキントンブルーアイ。

赤やピンクのイメージが強い芝桜の中で、大人の雰囲気を醸し出しています。

多摩の流れ

白とピンクのストライプが可愛らしい多摩の流れ。

名前もほかの芝桜と違い和名ですね。

別名はキャンディーストライプというらしいです。

モンブラン

白が映えるモンブラン。

花弁も丸っこくとても可愛いですね!

アネモネ

富士芝桜まつりでは芝桜以外の花も植えられています。

その中のひとつ、アネモネは桃、青、赤、白などさまざまな色が美しいお花。

春のおだやかな風が吹き始める頃に花を咲かせることから英語では「Wind Flower」と呼ばれているそう。

ムスカリ

特徴的な形をしているムスカリ。

こちらも芝桜ではないですが、強い青紫色が芝桜の中で引き立て役としてアクセントになってくれています。

まるで青いカーペットのように綺麗に群生したムスカリをみることができました。

芝桜だけではない富士芝桜まつりの魅力

富士芝桜まつりでは芝桜をみれるだけではなく、他にも楽しめるポイントがたくさんあります。

気球にのって高さ20mから広大な芝桜を一望できる!

2019年からはじまった気球にのって一面の芝桜や富士山の眺望を楽しめるサービス。

カズマル

僕が訪れたときは残念ながら風が強く乗ることができませんでした・・・

開園〜12時まで と乗れる時間帯は短いですが、気球からの眺めは絶対に綺麗なはず!

富士グルメを堪能できる!富士山うまいものフェスタ!

富士芝桜まつりでは「富士山うまいものフェスタ」を開催していて、

富士吉田の名物「吉田のうどん」やB級グルメで大人気の「富士宮やきそば」、「甲州かぼちゃほうとう」、「御殿場みくりやそば」などたくさんのご当地グルメが用意されています。

園内にシートを敷いての食事はできず、設営されたフードコート内でのみ飲食ができます。

富士山と芝桜を一望できる展望カフェ「桜カフェ FUJIYAMA SWEETS」もあり、おしゃれでかわいいスイーツを芝桜をゆったり眺めつつ食べることもできます。

カズマル

インスタ映えを狙うなら絶好のスポット!

もちろん天気が良ければ富士山も見える!

この日は若干曇りがかっていたため、うっすらとしかみることができませんでしたが、晴天のときは富士山をしっかり捉えることができます。

富士芝桜まつり入園料

そんな富士芝桜まつりの入園料は以下となります。

大人(中学生以上)600円
子供(3歳以上)250円

時折、入園料が割引になるキャンペーンも行われているそうで、訪れるときは事前にチェックしてみてくださいね♪

富士芝桜まつりアクセス

富士芝桜まつりへは電車・バス・車で行くことができます。

詳しいアクセス方法は「富士芝桜まつりの公式サイト」をご覧ください。

まとめ

今回は山梨県の富士本栖湖(もとすこ)リゾートで開催されている「富士芝桜まつり」について、実際に体験した感想をまじえご紹介しました。

富士芝桜まつりの閉園は17:00となっており、比較的早く、ライトアップなども行なっていません。

カズマル

ライトアップも綺麗だと思うのですが、残念!

また、雨天時も開催しています。当日の天気が悪い場合は、傘やカッパをお持ちになることをおすすめします。

僕が実際に行ったHISのバスツアーもおすすめなので、ぜひ富士芝桜まつりへ行ってみたい!というかたにはおすすめです!

以上、ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。