【沖縄旅行】琉球ガラス作り体験なら読谷村にある「ガラス工房 晴天」がおすすめ!職人さんが面白すぎるぞ!

ども!カズマルです!

沖縄旅行で琉球ガラス作りを体験してきました!今回ガラス作り体験で訪れたのは読谷村にある「ガラス工房 晴天」さん。

初めてのガラス作りでとても緊張していたのですが、和気あいあいとした暖かい雰囲気の工房でいつのまにか緊張はなくなり、楽しみながらガラス作りを体験することができました。

今回は読谷村にある「ガラス工房 晴天」さんで体験したガラス作りの工程を写真を交えてご紹介したいと思います。

かわいいわんこもいるので癒されること間違いなし!

読谷村にある「ガラス工房 晴天」とは

僕が「ガラス工房 晴天」さんを訪れたときに最初に耳に飛び込んできたのは大きな笑い声でした。

工房ではさきに訪れていた家族づれの方が、ちょうどガラス体験を行なっているところだったのですが、なぜか家族連れの方も職人さんもみんなが笑っているんですよ。

なにがそんなに面白いのかはこのときまだわかりませんでしたが「なんか楽しそうだなー!」と感じたのがこのガラス工房 晴天さんの第一印象でした。

「ガラス工房 晴天」さんの琉球ガラスの特徴

「ガラス工房 清天」さんの特徴は廃ビンなどを利用したいわゆる「再生ガラス」を使っている点です。

販売所をのぞいてみると、そこには少しぽってりした形の琉球ガラスたちが置かれていました。

再生ガラスを使うことでこのこのぽってりとした形が出来上がり、ここでしか見られない可愛らしい琉球ガラスが出来上がるんですね♪

琉球ガラス作り体験の前に

ここからは「ガラス工房 晴天」さんのガラス作り体験の流れについてご紹介していきます。自分たちの番が来るまで、かわいいわんことじゃれあいながら待ちましょう。

作れるガラスは3種類から選べる

まずはじめに、自分が作りたいガラスの形を3種類の中から選ぶことができます。

左から深皿、中皿、小皿となり、色も5種類から選ぶことができるので自分が作りたい組み合わせを自由に選びましょう。

ちなみに深皿→中皿→小皿の順に作る工程が難しくなっていくそうですよ。僕は深皿を選びました。

出来上がった琉球ガラスは郵送もしくは後日受け取り

そして出来上がったお皿は郵送もしくは後日店頭で受け取ることができます。

僕は東京の自宅へ郵送で送ってもらうことにしました。もちろん送料は自己負担です(東京の場合送料は¥1,290でした)。

ガラス作りの各工程の説明

そして順番が来ると1人ずつガラスを作って行くことになります。

ガラス作りは大きく4つの工程を経て出来上がります。それぞれの工程でどんな作業をするのかを一通り先に教えてもらい、その後実践していくという流れになります。

説明を聞いてみて作り方が不安だと言う方は、先に作っている人をみることができるので、順番を後にすることをおすすめします。

初めての琉球ガラス体験スタート

ガラス作りが始まるとまずは職人さんがガラスを釜に入れて熱した状態に準備してくれます。

そこからは本当に時間との勝負!熱したガラスが先端についたパイプを渡された瞬間、説明された手順を素早く行います。

作業に集中したいのですが四方八方から「はい、いそいでー!」「ちがうちがう!」「平らに平らに!」「そこじゃないそこじゃない!」「もっともっと!」「はい、こっちむいてー!(写真を撮っている)」といった具合にいろんなアドバイスが飛んできます!

やっている本人は真剣にやっているのですべてのアドバイスに対応しようとするんですが、全てに対応するのは初心者には無理でした(笑)

結果、あきらめまて自分のやりたいようにやらせてもらいましたね(笑)

ガラスの熱が冷めてくると綺麗な色が浮かび上がり、だんだんとテンションも上がってきて楽しくなってきます!

第一段階の形を整える作業は終了し、琉球ガラスの原型の完成です。

形をある程度揃えたら再び釜に入れて再度ガラスを熱していきます。

お次はお皿を広げて行く作業ですね。左手でパイプを回しながら右手でガラスを広げていきます。左と右で違う動作を求められるのでだいぶ難しかった。

ここでも職人さんから厳しい激が飛んでくるので笑いを堪えながら作業をしていきます。

そしてお皿がやっと完成。ちゃんと小皿の形にすることができました!

体験が終わると琉球ガラス商品を1つプレゼントでもらえる

体験が終わると、なんと職人さんたちが作ったであろう琉球ガラスの商品をその場で1つもらうことができるんです!

なので最終的には「自分が作った作品(後日届く)」+「お店からのプレゼント商品」で合計2つの琉球ガラスが手に入ります!お得感がハンパない!

ガラス工房 晴天さんには見習いさんもいるそうなので、おそらくプレゼントとしてもらえる琉球ガラスはその見習いさんがつくった商品だと思います。

自分で作った琉球ガラスが自宅に到着

そして、体験を終えて3日後には自宅にきちんと郵送でとどきました!

世界に一つしかない琉球ガラスですね!これから大切に使っていこうと思います。

読谷村にある「ガラス工房 晴天」へのアクセス

  • 住所:〒904-0301 沖縄県中頭郡読谷村座喜味162
  • 営業時間:9時~18時30分(手作り体験~17時)
  • 定休日:日曜日

体験料金は1人¥1,800です。予約不要なので営業時間内であれば好きな時間に行くことができます。

それでも不安な方は電話で「○○時ごろ伺おうと思っているのですが〜」と確認してみてもいいですね。

沖縄で琉球ガラス作りを体験するなら「ガラス工房 晴天」がおすすめ:まとめ

今回は琉球ガラス作りを体験できる「ガラス工房 晴天」さんについてご紹介しました。

最初から最後まで笑いながらガラス作り体験をすることができ、あっという間でしたがとても楽しい時間を過ごすことができました。

「ガラス工房 晴天」さんの職人さんたちはみな優しい方ばかりで、一緒に楽しみながらガラス作りをすることができます。

ぜひ、沖縄でガラス作り体験をしようと考えている方は「ガラス工房 晴天」さんに足を運んでみてくださいね♪

沖縄旅行で訪れたおすすめのスポットについても関連記事にまとめています。ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

【沖縄旅行】雨の夜。美浜アメリカンビレッジは最高に幻想的だった。

以上、ではではー!